UnityはVR ARでどういうように発展?

UnityはVR ARでどういうように発展?産業VR/AR発展のヒントとは?

UnityはVR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)及び3Dアプリという分野において参加してからというもの、いよいよ強く発展している。なぜ、若いゲームエンジンとしては、ほとんどの現代のエンターテインメントプラットフォームで強く支配できているのか?

Unityは現在、世界で最も広く使用されている3D開発プラットフォームである。 Apptopia会社によると、それはトップ1,000のモバイルゲームの40%と新しいモバイルゲームの半分以上を提供する。 Unreal Engineとともに、ほとんどのゲーム体験のプラットフォームである2つの最も人気のあるEngineゲームだ。

VR / ARは最も人気なテクノロジであり、世界のトップのテクノロジ企業によって開発されている

VR / ARは最も人気なテクノロジであり、世界のトップのテクノロジ企業によって開発されている

Unityは、スマートフォンやPC、ゲーム機、スマートTV、さらにVR / ARデバイスという約30種類のプラットフォームですべて対応するのだ。それに、AppleのARKitやGoogleのARCoreを含む最新のVR / ARプラットフォームのほとんどと統合することもできる。

 

UnityのVR / ARについてのビジョン

PCMag Magazineは、Tony Parisi(UnityのグローバルVR / ARブランドソリューションマネージャ)およびDanny Lange(UnityのAIおよび機械学習担当副社長)と話をして、Unityの将来について洞察を得た。
「入社前の3〜4年前、Unityは開発者向けの一種のスーパーセラムを作成することを目標に、新興のVR市場(Oculus Rift、HTC Vive、Samsung Gear VRなど)に多大な投資を始めた。 これらのプラットフォームをサポートする方法の低レベルの詳細に煩わされる必要はない。我々はアプリケーションの大部分を一度書くだけで、これらのVR/ARデバイスに転移することができる。」とParisi氏は語った。

モバイルビューアヘッドセット用に作成したアプリは、PCベースのエクスペリエンス用に最適化されたアプリとは少し異なって設計されるのがもちろんだが、Unityの社内によると、プラットフォームは現在、Oculus Riftでの経験の69%、HTC Viveでの74%、Gear VRでの87%、および複合現実感(MR)の91%を支えている。

 

成長するエコシステムでの作業

Parisiは、90年代半ばからAR / VRで3Dビジュアライゼーションの仕事をしてきた。「場所に関する単純なARで作成されたポケモンゴーが人気になる直後、私は参加した。どこかに行き、ポケモンを見つけなどという要因を我々が続けて増加している必要。」Parisiは言った。

 

ポケモンゴ・携帯電話のシンプルだが2016年に人気があるARインタラクティブゲーム

ポケモンゴ・携帯電話のシンプルだが2016年に人気があるARインタラクティブゲーム

次の波は、AppleのARKitとGoogleのARCoreを通じてARオペレーティングシステムをサポートする電話だ、とParisiは述べた。 Amazon Sumerianと同様に、Unityは3Dツールを使用するARコンテンツを作成するためにAppleおよびGoogleと提携している。 Unityは、Tilt BrushやBlocksなどのオープンソースのGoogleツールの基盤としても機能する。

 

Apple’s ARKit vs. Google’s ARCore

Apple’s ARKit vs. Google’s ARCore

「コーダーや開発者、プロのデザイナー向けではない多くの3D作成ツールが我々のエンジンに組み込まれている。さらに優れているのは、BlocksモデルやTilt Brushアートを他のソフトウェアと同じように他のUnityアプリケーションに取り込む可能。 それがます。」 Parisiは言った。
MRとVRの面では、大きなデバイスとソフトウェアプレーヤーはOculus、HTC、そしてもちろんMicrosoftとそのWindows Mixed Realityエコシステムだ。 Unityはそれらすべてのための3Dアプリをビルドしているが、Microsoftは複合現実と仮想現実の間の境界線を少しぼかしている、とParisiは言った。 HoloLensは複合現実感デバイスであるが、Windows Mixed RealityヘッドセットはVRです。
最近、Unityは幅広い没入型のコンテンツと体験を作るために使用されてきた。 これらは、「Spheres」というサンダンス映画祭シリーズから視聴者がVRの2つのブラックホールの宇宙衝突を探検することを可能にする。そしてディズニーズのCocoVRゲームで360度投影を使用してプレイヤーがピクサーフィルムの「死者の国」を体験できる。

サンダンスでVR Spheresを体験

サンダンスでVR Spheresを体験

Unityはすべての種類のアプリがビルドできるが、設計上で考慮すべき多くの微妙な違いがある。 PCベースでの体験はより強力で、豊かな環境でより大きな3Dモデルが可能になる。また、Oculus RiftやHTC Viveなどのヘッドセットもコントローラーがあって、そのコントローラーで位置および室内スケールのトラッキングできる。 Parisiは、Google Daydream Viewのようなヘッドセットで自由に360度の表示を体験する場合とは異なる方法で、このタイプのアプリをデザインする必要があると述べた。 ボタンを押すだけでのことと簡単ではないが、Unityでは、作成した3Dコンテンツを、あまりコーディングし直さなくても、あるデバイスから別のデバイスに移動できるようにするために取り組んでいる。
AR / VR体験用のゲームおよびエンターテイメントアプリを超えて、最近Unityが取り組んでいた質問の1つは、さまざまな業界、スキルレベル、およびユースケースに対応するために3D作成環境を改善する方法だ。 コーダーと技術的でないユーザーの両方を満足させることを目的とした低コード開発ツールで、Unityは、さまざまなタイプの会社やユーザーにそのインターフェース、アセットストア、およびその他のプラットフォームを改善する方法を考え出している。
ARとVRが勃発しているこれらのさまざまな業界を検討していた。自動車、映画、建築、医療、または何十万ものユーザーにソフトウェアを配布している他の組織である可能性があります。」 「それは完全に異なる世界、異なる企業、異なる背景、そして異なる制作ツール。私たちは発展元なので最初はモバイルとゲーム業界に焦点を当てていたが、今は転機を迎えた。世界はB2Bに向かっているので、現在これらの他の産業へ。」

現在のAR / VRの制限

現時点では、MRとVRを適用する最大の障害はコンテンツの欠如ではなく、快適性と移植性に対するコンピューティング能力と比べてハドウェアの制限だ。 近日発売予定のMagic Leapヘッドセットの旅は、強力なプロセッサを大量に消費するのに十分な大きさのフォームファクタに縮小しようとする際の開発研究として役立つ。
「あなたの居間の周りで活動している複合現実感の経験を開いた通りへ出してするのは困難だ。」とParisiは述べている。 「私たちは、コンピューティングパワーと移植性の間の最適なポイントを見つけるために、まだハードウェアの反復作業を行っているところにいます。ヘッドセットVRで、ワイヤの障害を感じるまで移動することができる。 それは大きい制限で、没入を壊す。私はしばらくの間どこか別の場所にいたが、何かが私の足の周りにもつれたので引き戻さた。」

One Technologyは、VR/ARコンテンツを様々な環境、体験スペースに多くの制限をもたらすHTC。

One Technologyは、VR/ARコンテンツを様々な環境、体験スペースに多くの制限をもたらすHTC。

Viveおよび初期のVRデバイスAR側では、異なる制限がある。 それは、コンピュータビジョンとリアルタイム3Dグラフィックスの処理能力に関するものです。 これは、2015年に最初に導入されたときのMicrosoft Hololensの最大の制限の1つでもある。世界中のユーザーは、今年半ばにリリース予定されているMicrosoft Hololens 2版の大幅な改善を期待している。