iOS11のARkitでデモアプリ作成

ベトナムオフショア開発事業で、特に力を注いでいるのがAR(Augument Reality:拡張現実)、VR(Virtual Reality:仮想現実) 、MR(Mixed Reality)です。 特に今、注目されているのがiOS11でリリースされたARkitです。 今回は、弊社が作ったARアプリについて書かせてもらいます。

詳細を表示 »

タオ社長の出身地のメコンデルタに行ってコミュニケーションについて考える

こんにちは、河本です。 久しぶりのホーチミンです。 今回は10月13日から長めの2週間の出張ですが、入りから大忙しです。 予定は、最初の週末はお客様の設立パーティー、次の週末は社員旅行参加、そしてお客様来客。 今回のフライトはJALの夜中1:30の便でした。 現地時間朝5時過ぎ着く便なのですが、中途半端な時間でとても疲れました。 ホテルについてエクストラチャージで無理やり部屋に入れてもらって少し休んで 会社に到着。久々にあったONETECHの社員は相変わらず元気に笑顔で迎えてくれました。 インターンの鈴木くんも元気です。午後に日本からの新規のお客さんの来客も終わり、ONETECHの社員のみんなで近くの海鮮と333ビールで乾杯。 相変わらずチャンプッチャン(一気飲み)とモーハイバーヨーの掛け声でなんども乾杯をして 親交を深めました。 次の日(土曜日)は午後18時からお客様の支社の設立パーティーでしたが、その前にタオ社長の誘いで Ben Tre(ベンチェー)に朝6時からいくことになりました。 Ben Treはメコンデルタにありタオ社長の出身地です。 朝6時に、タオ社長のお姉さんとその同級生がホテルまで迎えにきてくれました。 同級生は、不動産の設計をされているタムさんと、シルクの販売をしているサーさん。 とても優しく楽しい人たちで楽しい旅行になりそうです。 Ben Treまでは一部ハイウェイを使い片道2,5時間くらいの道のりです。 10年前は4,5時間くらいかかっていたそうです。 当時はBen Treにたどり着くまでにいくつかの支流をフェリーに乗り換えていかなくてはなりません。 タオ社長も学生時代は2回フェリーに乗ってようやくたどりついたそうです。 10年ほど前にその支流に橋がかかりました。いくつかの橋は日本の投資でかけることができたそうです。…

詳細を表示 »