iOS11のARkitでデモアプリ作成

こんにちは
河本です。
ベトナムオフショア開発事業で、特に力を注いでいるのがAR(Augument Reality:拡張現実)、VR(Virtual Reality:仮想現実) 、MR(Mixed Reality)です。

特に今、注目されているのがiOS11でリリースされたARkitです。
今回は、弊社が作ったARアプリについて書かせてもらいます。

あるクライアントさんから、部屋の中に家具などのインテリアを配置するアプリを作って欲しいという要望がありました。
モデルルームに実際に家具などをセットすると、一物件あたりうん百万円かかるそうです。それを最終的には格安で処分しなければならないし、お客様毎に配置や実際持っている家具を置いてイメージしたいなどの声もあるそうです。

その要望に応えて今月リリースされたiOS11ARkitを利用して、ベトナムオフショア開発で下記のアプリのデモを作成しました。

だいたい1ヶ月ちょっとできたようです。