AR・VRの市場規模とは?関連市場予測や発展する分野を紹介

「ARやVRが今後、どのように社会へ普及していくのか興味がある」「市場規模や発展する分野をチェックして、これから伸びるジャンルを把握したい」
ハードウェアやソフトが発達した現代では、ARやVRを活用する業界が増えています。トレーニングやメンテナンス等に活用される見込みがあり、AR・VRの市場規模が伸びる可能性は高いです。
この記事ではAR・VRの将来的な市場規模と、xRによって発展する分野について解説します。

AR・VRの市場規模とは?関連市場予測や発展する分野を紹介

AR・VRの市場規模とは?関連市場予測や発展する分野を紹介

AR・VRの市場規模について

最新のテクノロジーにおける市場規模は専門機関の市場予測を見ることで理解できます。IDCの2023年までの世界AR/VR関連市場予測によると、市場規模が以下のように予測されているのです。

  • AR/VRに関連したハード、ソフトの支出総額は2018年が89億ドル。2019年は168.5億ドル。2023年には1,606.5億ドルとなる見通し
  • AR/VRに関連した支出は金融やインフラによって大きく増加する
  • 2023年にAR/VRで支出されるメイン分野はトレーニング、産業メンテナンス、小売
  • 消費者向けのVRゲームやARアプリにおける2023年の支出総額は208億ドルの予想

数年後にはAR・VRの市場規模は大きく拡大する見込みであり、ハードウェアとソフトの改善により需要が増えていく予想。個人よりも法人での活用がメインとなるでしょう。

日本と海外における市場の違い

世界でAR・VRの市場規模が増加する予想があり、日本においてもVR/AR市場規模推移は増加していく見込みです。マーケットレポートVR/ARによると、日本の市場規模は2020年に2,111億円ほどになる予測。

日本においてもVR/AR市場規模推移は増加していく見込みです。

日本においてもVR/AR市場規模推移は増加していく見込みです。

2016年では141億円程度の市場規模であり、4年間で15倍まで成長する可能性があります。国内の電機メーカーや研究機関によって、VR/ARに必要なハードやソフト、コンテンツが充実する傾向です。
従来ではエンタメ向けにVR/ARは活用されていましたが、今後は医療や旅行などの分野にも応用される動向があります。また、国内電機メーカーが産業用にVR/AR技術を提供している面もあること。
海外に比べて市場規模は小さいですが、メーカーと研究機関によりAR・VRはこれから普及していくことに期待できます。

AR・VRにより発展する分野

「AR・VRの発達によりどのような分野が便利になるのか知りたい」と思う人はいるでしょう。あなたが知っておくべきAR・VRにより発展する分野は次の3つです。

  1. 1医療
  2. ゲーム・映画
  3. インテリア・不動産

それぞれの分野について簡単に見ていきましょう。

医療

患者や医者がAR・VRに対応したデバイスを活用することで、医療において良い効果が得られます。例えばVRで人との接触や高い場所を体験して、さまざまな恐怖症を治すことが可能です。
また、VRで手術などの職業訓練をして、研修医を育成することもできます。治療を受ける側だけでなく、治療する側もVR・ARによって便利になるのが特徴です。

患者や医者がAR・VRに対応したデバイスを活用することで、医療において良い効果が得られます

患者や医者がAR・VRに対応したデバイスを活用することで、医療において良い効果が得られます

ゲーム・映画

ゲームや動画、映画といったエンタメ分野では、VRにより仮想空間に入り込めるメリットがあります。PSVRやOculus Riftなどのデバイスを活用して、よりコンテンツを楽しめるのが魅力です。
また、動画サイトで有名なYoutubeでもVR動画を見るのは可能であり、スマホに専用ゴーグルを取り付けるだけで簡単にコンテンツを楽しめます。

AR・VRインテリア・不動産

AR・VRインテリア・不動産

インテリア・不動産

ARを活用すれば自分の部屋にインテリアを再現できて、商品を購入する前に家具を設置するイメージを確認することが可能です。また、VRで内覧して不動産の状況をチェックすることもできます。

まとめ

2020年以降もAR・VRは市場規模が発達する見込みであり、ハードウェアの発達により普及するもの。弊社は、エンターテインメントだけではなく業務用のAR、MRに力を入れております。昨年度、今年度はPoC研究開発段階で来期は商品化していくだろうという見方が増えてきました。テクノロジーの発達に遅れないために、最新の動向をチェックしておきましょう。
ベトナムオフショアでの業務用のAR、MRのソフトウェアの開発のご相談はぜひOne Technology Japanへお気軽にお問い合わせください。
https://onetech.jp

お問い合わせ
- -