技術

UnityはVR ARでどういうように発展?

UnityはVR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)及び3Dアプリという分野において参加してからというもの、いよいよ強く発展している。なぜ、若いゲームエンジンとしては、ほとんどの現代のエンターテインメントプラットフォームで強く支配できているのか? Unityは、スマートフォンやPC、ゲーム機、スマートTV、さらにVR / ARデバイスという約30種類のプラットフォームですべて対応するのだ。それに、AppleのARKitやGoogleのARCoreを含む最新のVR / ARプラットフォームのほとんどと統合することもできる。

詳細を表示 »

画像認識ソリューションとして有名なVuforiaを紹介します。

ARを活用してアプリやシステムを開発するためのプラットフォームがVuforiaです。Vuforiaエンジンという機能によってカメラやセンサーを制御し、ARを表現するための目を実現しています。 開発プラットフォームであるVuforiaはスマートフォンやタブレット、スマートデバイスに対応しているのがポイント。デバイスを活用して現実の中にコンテンツを表現します。 アイデアを実現するためにVuforiaには多様なARライブラリが備わっています。マーカーの認識だけでなく、クラウドを活用した認識や追従認識といった機能にも対応。 今ではVuforiaによって開発されたアプリが4億台以上のデバイスにインストールされていて、ARを活用した開発に欠かせません。ユーザーにAR体験を届けるためにVuforiaは役立ちます。

詳細を表示 »

UnityやOpenCVの魅力や可能性を理解していただけたでしょうか?

Unityについては、周知の通りゲーム開発で多くのエンジニアに使われています。世界規模での利用者数は600万人を超えました。 このように多くのエンジニアから愛される理由は、エディタの中でゲームの操作や表示を確認できてトライ&エラーがスムースにできて、ノンプログラムでもゲーム開発ができてしまうことが挙げられるでしょう。 また、画像処理、画像解析の需要は年々高まっています。 画像認識のOpenCVでの開発に注目が高まっています。

詳細を表示 »

MICROSOFT HOLOLENS 2 – 2019年半にリリーズ

HoloLensの次世代モデル「2019年第2四半期」に発売するといわれていた。一方で、HoloLensの存在を脅かすのが、2018年8月に発売となった米マジックリープのMagic Leap Oneという複合現実(MR:Mixed Reality)ヘッドセットである。Hololensはもはや独占的ではないが、競合他社のものより数年前に開発されたのがMicrosoftの大きな利点だ(HoloLens1は2015年に発売された)。 技術の世界は2019年に次期バージョンを楽しみにしており、初代HoloLensのすべての弱点を克服すると期待されている。

詳細を表示 »

xRを体験するために最適なHMDとは?VRとARの違いも解説

VRやARといった言葉の総称をxRと呼びます。最近ではxに単語を含めて「”x” Reality」という言葉が増えていて、体験するためにはヘッドマウントディスプレイ(HMD)が必要です。「VRに興味があるけど、どのヘッドマウントディスプレイを選べば良いか分からない」「ARとVRといった言葉をネットで見るけど、何が違うのか疑問」

詳細を表示 »

Unityの特徴や3つのメリットを紹介

無料で開発できる!Unityの特徴や3つのメリットを紹介。今回のブログでは、ONETECHの強みでもあるUnityについてご紹介します。 ONETECHは、xR(AR/VR/MR)開発と親和性の高いUnity開発に力を入れています。エンジニアも10人以上在籍していて、日々新しいことにチャレンジしています。

詳細を表示 »

WebRTCのアプリケーションをより簡単にしてくれる!Kurentoとは?

ブラウザ上でのリアルタイムコミュニケーションをより簡単にし、発達させてきたWebRTC。WebRTCのおかげで、ビデオチャットやボイスチャットなどのリアルタイムコミュニケーションをプラグインなしで可能することができています。今回はそんなWebRTCのサーバーである、Kurentoについてご紹介していきます。

詳細を表示 »

WebRTCとは?ビデオチャットを簡単にするブラウザ技術について!

ビデオチャットやボイスチャットなどのリアルタイムコミュニケーションはもはや我々の生活になくてはならないものになってきています。そんなリアルタイムコミュニケーションをプラグインなしにWebブラウザだけで実現する「WebRTC」と言う技術があります。

詳細を表示 »

MRを体験できるホロレンズの特徴やビジネスにおける活用例とは?

先日「オフショア開発で実現する「AR/VR、ライブストリーミング」~製造業や建設現場など、遠隔地の作業員と作業共有して業務効率化を図り、人材不足を解消する~」というタイトルでセミナーを開催いたしました。その中でもHoloLens(ホロレンズ)を使った画像認識のデモンストレーションや、活用事例のお話をさせていただきました。

詳細を表示 »

画像認識技術について(2)AI 、機械学習、ディープラーニング

 まずはAI(人工知能)ですが、私がはじめに耳にしたのが、『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』というファミコン用のゲームでした。当時は、モンスターとの戦いをひたすらこなしEXPを上げていくルーティン作業がオート(AI(人工知能))で戦えるようになり、とても楽になった反面、従来の戦いの面白さが削がれてしまった虚しさもありました。記憶では当時私はその程度のこととしかAI(人工知能)を捉えていませんでした。

詳細を表示 »