Monthly Archive: 3月 2019

UnityはVR ARでどういうように発展?

UnityはVR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)及び3Dアプリという分野において参加してからというもの、いよいよ強く発展している。なぜ、若いゲームエンジンとしては、ほとんどの現代のエンターテインメントプラットフォームで強く支配できているのか? Unityは、スマートフォンやPC、ゲーム機、スマートTV、さらにVR / ARデバイスという約30種類のプラットフォームですべて対応するのだ。それに、AppleのARKitやGoogleのARCoreを含む最新のVR / ARプラットフォームのほとんどと統合することもできる。

詳細を表示 »

画像認識ソリューションとして有名なVuforiaを紹介します。

ARを活用してアプリやシステムを開発するためのプラットフォームがVuforiaです。Vuforiaエンジンという機能によってカメラやセンサーを制御し、ARを表現するための目を実現しています。 開発プラットフォームであるVuforiaはスマートフォンやタブレット、スマートデバイスに対応しているのがポイント。デバイスを活用して現実の中にコンテンツを表現します。 アイデアを実現するためにVuforiaには多様なARライブラリが備わっています。マーカーの認識だけでなく、クラウドを活用した認識や追従認識といった機能にも対応。 今ではVuforiaによって開発されたアプリが4億台以上のデバイスにインストールされていて、ARを活用した開発に欠かせません。ユーザーにAR体験を届けるためにVuforiaは役立ちます。

詳細を表示 »

UnityやOpenCVの魅力や可能性を理解していただけたでしょうか?

Unityについては、周知の通りゲーム開発で多くのエンジニアに使われています。世界規模での利用者数は600万人を超えました。 このように多くのエンジニアから愛される理由は、エディタの中でゲームの操作や表示を確認できてトライ&エラーがスムースにできて、ノンプログラムでもゲーム開発ができてしまうことが挙げられるでしょう。 また、画像処理、画像解析の需要は年々高まっています。 画像認識のOpenCVでの開発に注目が高まっています。

詳細を表示 »