MICROSOFT HOLOLENS: 最先端のAR製品の利点と欠点

ホロレンズは、拡張現実(Augmented Reality)テクノロジーに対する独特な見解を齎らした。3年前の公式の2015年リリースは成功へ進める要素を十分に集めることを示している。

ホロレンスの優れた利点:

  • 良質のハードウェア
  • 細部まで小さくて便利なデザイン
  • 拡張アプリのポテンシャルはほぼ無限
  • 経済力及び世界で一流の技術を持つマイクロソフト株式会社の後援がある。
  • 競合ライバルはほとんどない。

このような優れた利点により、マイクロソフトはホロレンスの現在の弱点を改善することが可能か?そして次世代のために何の技術を開発する予定?

「Build 2015」会議で、マイクロソフトはホロレンスデモを行うため、別の部屋を準備しておいた。部屋に入る前に、参加者はカメラを含むすべての電子機器を屋外に置いておく必要がある。この記事で使用されている画像はすべて部屋の外に置いたホロレンスのデモ版のものだ。それは、マイクロソフトが自分のものに対してどれほど慎重であるかを示している。その時点では、ライバル他社が詳細な仕様を把握することは望ましくない。

実際に、「Build 2015」会議で参加者が使って体験したホロレンスデバイスは、「第一段階での開発中のハードウェア」として評価されており、それは正しいと感じている。しかし、それがもたらす可能性はその時においてまったく想像られなかった。

会議でマイクロソフトは前の動画と同じ、Minecraftのデモや火星表面の3Dデモ、または人体手術などのホロレンズの機能を使用しなかった。その代わりに、ホロレンスの開発者がどのようにUnityエンジンで仮想と実際の画像をレンダリングしたかという方法をマイクロソフトは披露しました。そういうことでマイクロソフトがターゲットにしたいのは、エンドユーザーではなく、ホロレンの開発者であることを示している。提供したアプリを通して、マイクロソフトは開発者がホロレンス製品をユーザーに宣伝することを期待し、ホロレンスを公開のときにユーザーが膨大な数のアプリからのサポートを持っていることを確保する。もちろん、レンズの価値はサポートするアプリに大きく依存。

ホロレンスの欠点は何?

マイクロソフトから作成されたホロレンスは素晴らしいが、使用する技術が非常に新しく、その時期まで完成した類似の製品もほとんどないので最初版における不具合は避けられないのだ。
それでは、ホロレンスの欠点を見てみましょう。

  • 視野角または視野(FOV)が非常に限られている。
  • 高コスト(3000ドル)ホロレンスは最も高価なヘッドマウントディスプレイ型のMR(複合現実)デバイスだ。
  • 頭部にフィットに調整する時のカップリングが緩んでいることが多い
  • ホロレンスを長期間装着していると、やや重く(前方に)
  • 限られたバッテリー
  • ヘッドフォンとサウンド

ですが、ホロレンスが適切に装着されているとそれはかなり良い感じをもたらすでしょう。 ホロレンスを装着しているとき、額の前で重いのをよく感じられるが、マイクロソフトはホロレンスを改善し続け、前面部分の重い感じの一部を除去するために両側と後ろにコンポーネントを配置する方法を検討している。ヘッドバンドの内側が柔らかいパッドを入っていることでいい気持ちをもたらし、画像に集中できることは良い点だと思うのだ。しかし、合皮の部分の質はかなり悪いと思って、長い時間に使用すると擦れたり、ひびが入っているなどの現象を起こることがあるだろう。

特に近視の人でも、ホロレンスを装着する際にメガネを外す必要はない。2つのメガネをかけているとき、Oculus RiftなどのVRメガネのように顔や側面に押し付けられなく、長い時間でかけると使用者がめまいを感じることもほとんどない。自分の周りで何が起こっているのか見ることができるので、ホロレンスを使って現実の世界からの孤立感を感じない。ホロレンスの透明なスクリーンが暗すぎなければ素晴らしいと思う。

ホロレンスの一番悪いのはFOVだ

ホロレンスの一番悪いのはFOVだ

感覚上の弱点は他のVRメガネに対してもあるので、それほど問題ではないことだ。ホロレンスの一番悪いのはFOVだ。視野が小さすぎるため、ユーザーの体験が大幅に減り、その他多くの不快感が生じるす。そしてマイクロソフトはそれを修正する方法を検討し、新しい技術で視野を広げておる。
Microsoftが導入した新しいテクノロジは、2つの別々のコアを持つ2つの要素に導波路を分割して、最終的なイメージはこれら2つの別々のコアから合成されるのだ。複雑そうだが、基本的にマイクロソフトはホロレンスの一番悪い点の解決策を見つけた。 この技術では、35度の視点から、ユーザーはホロレンスの視野角を75度に倍増することができます。 それは素晴らしいでしょう。
理論上だけでなく、マイクロソフトのエンジニアは実験的なハードウェアにこの技術を運用できたと述べた。新しい解決は第2世代のホロレンスに統合されるだと言われている。Windows Centralによると、第2世代のホロレンスメガネのコードIDがSydneyで、AI関連のタスク用に別のコアを持つカスタマイズされるHolographic Processing Unit(HPU)が装備される。これは、AR環境で実世界と仮想世界のタスクと情報を処理するための重要な要素です。このような独立な要素のおかげで、ホロレンス 2はクラウドサービスと通信する必要なしにデータを処理し分析することができ、それによりオブジェクトと環境をより速く処理して認識できる 。 Microsoftは2019年初頭にホロレンス 2を発売する予定であるが、まだ競合他社が存在しないため急ぐ必要はない。相手のMagic LeapもARメガネを導入したが、まだ延期されており、テクノロジーやデザインスタイルについてホロレンスのほうがかなり良いと判断される。それでは ホロレンス 2を待ちましょう。

一時的な結論

ホロレンスはまだ完璧ではないが、それはまだMicrosoftによって開発されている。 会社が次のバージョンで欠点を改善することができれば、それは素晴らしい娯楽機器になることができ、そして教育や健康のような他の多くの分野で実際に適用されることさえできる。近い将来に性能の向上、視野角の拡大により、大量生産時のコストが削減されるホロレンスは私たちが技術を通して世界と対話する方法をを変える可能性を期待されているだろう。

お問い合わせ
- -