MICROSOFT HOLOLENS 2 – 2019年半にリリーズ

HoloLensの次世代モデル「2019年第2四半期」に発売するといわれていた。一方で、HoloLens2の存在を脅かすのが、2018年8月に発売となった米マジックリープのMagic Leap Oneという複合現実(MR:Mixed Reality)ヘッドセットである。Hololensはもはや独占的ではないが、競合他社のものより数年前に開発されたのがMicrosoftの大きな利点だ(HoloLens1は2015年に発売された)。 技術の世界は2019年に次期バージョンを楽しみにしており、初代HoloLensのすべての弱点を克服すると期待されている。

Hololensの印象的なデモ

Hololensの印象的なデモ

当初、Microsoftの目標は、2018年に次世代Hololensを発売することでしたが、技術的の理由でリリース日を延期し、2019年第2四半期に発売のことを目指している。ライバルはまだ離れている認識でMicrosoftは急いで必要なく、改善して製品を完成した方が良いだろう。

ベ ト ナ ム 側 で 開 発 し た ア プ リ は 顧客 が ホ ロ レ ン ズ 体 験 し ま し た。

次世代Hololensだからこそ、初代Hololensより小さくなり、視野も広くバッテリー寿命も長くすることで、テクノロジ業界から文句された弱い点を改善された。最も克服が難しいと考えられている1つの重要な点は、観察視野(FOV)である。パーソコンと異なり、FOVを上げるために光を曲げることはHololens2では簡単な問題ではない。

高コストと多くの制限で発売されたHololens 1 の量は少し

高コストと多くの制限で発売されたHololens 1 の量は少し

2010年にAR開発を発表したMagic LeapはHololensに関する分野でMicrosoftの競争会社になっている。そしてGoogle、Apple、また他の多くの企業もは近い将来この市場に参加するだろう。Microsoftがホロレン開発での色々な利点を持って、2019年にホロレン2を発売することができる限り、このセグメントをリードし続ける事が可能です。

Microsoft Hololens, Meta 2 and Magic Leap

全く新しい技術で、複合現実デバイスへのハードウェアの適用することは遅くて、高コスト(Hololens 1の価格は約3000ドル)だが、消費者が満足できる値段に達しまたスマートに応じる体験も改善されれば、人気の程度が広くて速くなれるのが期待できる。

Microsoft hololens 1の内側の詳細

Microsoft hololens 1の内側の詳細

Microsoft hololens 1の内側の詳細

 Microsoft内部には次世代のHololensがSydneyとして呼ばれており、3000ドルより低い価格を目標としている開発者向けバージョンだ。2019年第2四半期に発売の発表ではMicrosoftが具体的の情報を現さなく、上記の弱点が改善されることだけを知らせているのだ。それで、Surface Phone、Surface Hubなどの他のMicrosoftのプロジェクトと同じHololensもWindows Core OSの準備が整うのを待っているだろう。

次世代Hololensは、多くのAI機能を備えた改善されたホログラムプロセッサと、Kinectのように深いカメラをアップグレードされる予定です。Marc Pollefeys氏というHoloLensのテクノロジーディレクターによって、「複合現実感と人工知能は将来の象徴的なテクノロジーです。HoloLensのために開発している新しい機能のほんの一例であり、Microsoftがこれまでの歴史を通じて行ってきたように、長期的な投資意欲と能力を持っているからこそできることで、インテリジェントな複合現実感デバイスを開発しようとする場合に必要な考え方です。複合現実感と人工知能はコンピューティングの未来であり、私たちはこのHololensを進化させることに興奮しています。」とも述べている。

結論

HoloLens 2.0は、Microsoftによって毎秒大量のデータを処理するHolographic Processing Unit などの最先端テクノロジで適用するのがきっとだがそれ以外仕様や公開日などの情報はまだ秘密だ。