xRを体験するために最適なHMDとは?VRとARの違いも解説

こんにちは、ONETECHの和田です。
VRとARで用いるヘッドマウントディスプレイ(HMD)の研究開発が日々活発化していますが、
昨年よりOculusなど新しいVR,ARデバイスでの開発依頼が増えてきています。
今回は、ヘッドマウントディスプレイの動向について書きたいと思います。

VRに興味があるけど、どのヘッドマウントディスプレイを選べば良いか分からない」
VRとARといった言葉をネットで見るけど、何が違うのか疑問」

VRARといった言葉の総称をxRと呼びます。最近ではxに単語を含めて「”x” Reality」という言葉が増えていて、体験するためにはヘッドマウントディスプレイ(HMD)が必要です。

「VRに興味があるけど、どのヘッドマウントディスプレイを選べば良いか分からない」

VRに興味があるけど、どのヘッドマウントディスプレイを選べば良いか分からない」

HMDは機種によって対応しているxRが違うため、利用したいxRを知ってからHMDを検討することがオススメ。VRARの違いを解説して、xRを体験するために最適なHMDを紹介します。

仮想現実(VR)とは?

映像によって仮想空間を現実のように体験できる技術が仮想現実(VR)です。仮想空間はコンピュータグラフィックや映像から作られていて、ユーザーは仮想の世界へ没頭できます。

ゲームや動画においてVRは既に普及していて、対応したHMDがあれば利用可能です。例えばPlayStation VRを利用すれば、興味のあるゲームの世界に入り込んでプレイできます。

「ARとVRといった言葉をネットで見るけど、何が違うのか疑問」

VRとARといった言葉をネットで見るけど、何が違うのか疑問」

スマートフォンをHMDに装着することで、VRを楽しむことも可能です。ホラー要素のある動画をVRで見ると、いつもより恐怖が倍増してコンテンツに深くのめり込めます。

ゲームや動画といった仮想のコンテンツを、より深く楽しみたい人にVR対応のHMDはオススメです。自分の環境に合わせて最適なHMDを検討してみると良いですね。

拡張現実(AR)とは?

現実の世界にコンテンツを追加して、仮想現実を現実世界に反映させる技術が拡張現実(AR)です。CGやイラストなどで作成された情報を、ARは現実の世界に映し出します。

VRARとのちがいは仮想現実をメインとしているかどうかです。仮想現実に没頭するのがVRの目的ですが、ARでは仮想現実をサブコンテンツとして映し出しています。

例えばスマホゲームで有名なアプリ「ポケモンGO」では、カメラ越しの風景にポケモンを表現しています。ユーザーは現実の世界にポケモンが現れることで、あたかもポケモンがその場にいると感じられるのです。

スマートフォン単体でARは表現できるから、今では多くのアプリがARに対応していることを売りにしています。今後はゲーム以外の用途でもARは活用されるでしょう。

HMDにはどのようなものがある?

従来ではHMDは高性能なスペックのパソコンがなければ動作せず、導入するハードルは高い物でした。今ではテクノロジーの発達により、PCが無くても動作するHMDが普及しています。

HMD単体でも動作する

PCやスマートフォンを接続しなくても、VRコンテンツを利用できるHMDが今では販売されています。例えば2018年の5月に販売されたOculus Goが単体で動作するHMDの1つです。

One Technologyは、VR/ARコンテンツを様々な環境、目的で活用するためのアプリケーション開発を承っております。

One Technologyは、VR/ARコンテンツを様々な環境、目的で活用するためのアプリケーション開発を承っております。

スマートフォンでセットアップすれば動作するようになり、1000種類以上のVRゲームやさまざまなVR動画を楽しめます。DMMNetfilixVR動画を見れるのもポイントです。

ARに対応している

一般的にARはスマートフォンのカメラを活用して使われている技術ですが、HMDを装着してARを楽しむことも可能です。Meta2は透明なレンズを搭載したAR対応のHMD

Meta2は透明なレンズを搭載したAR対応のHMD

Meta2は透明なレンズを搭載したAR対応のHMD

デバイスにはセンサーが内蔵してあり、現実にある物を動かすようにホログラムを操作できます。目で見える世界にデジタルコンテンツを追加させたい人にMeta2はオススメです。

MRに対応している

仮想空間と現実世界を融合させたVRとARの上位版を複合現実(MR)と呼びます。現実世界に仮想世界を重ね合わせることによって、仮想世界と現実世界の中でコンテンツを楽しめるものです。

有名なMR対応のHMDにはMicrosoft HoloLensがあります。Windowsを開発しているマイクロソフト社の製品であり、手の動きや音声によって操作可能です。

名なMR対応のHMDにはMicrosoft HoloLensがあります

名なMR対応のHMDにはMicrosoft HoloLensがあります

HoloLensにはWindows10が搭載されていて、ワイヤレスでMRを利用できます。最近では開発向けモデルが在庫切れであり、次世代モデルのHoloLens2が現れる可能性が高いです。

まとめ

VRは仮想世界に入り込むための技術であり、ARは現実世界にコンテンツを映し出す技術です。目的に合わせて最適なHMDを検討することを勧めます。

次世代MRヘッドセットHoloLens 2が年内に発表される可能性が高いですが、
この発表によって、ますます実用化に向けて、追い風になっていくのではと思います。
出遅れないように常に最新の情報をキャッチしたいと思います。

最後にONETECH ASIAベトナムオフショア開発VR/AR/MRの開発を承っておりますのでお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

https://onetech.jp